これからPTGuiを使おうとしている方、これまでPTGuiを使っているけれど、いま一つよくわからない・・。あるいは、もっとディープなことを知りたい、という方のために、PTGui v11 の使い方などを紹介していきます。

本コンテンツの閲覧には、ちいでんVR閲覧会員になっていただく必要があります。会費は無料で、時々、有用な情報を配信します。入会はこちらから。

なお、ビジネスに直結した内容に関しては有料コンテンツとし、番号にアスタリスク * を付けています。それぞれの章ごとの登録制とし「0)概要と閲覧会員登録(ここだけ読めます)」に内容や金額などを記していますので、こちらを参照の上、同じページからpaypalにてお支払いください。
有料で閲覧したら知っていることだった・・・というケースも想定できますが払い戻しはいたしません。しかし、もっと詳しくとか、もっとわかりやすくとか、自分は上手くできない・・・といったリクエストをお送りいただければ、どんどん内容を充実させていきますので、どうかご協力いただけますようお願いいたします。

赤字は掲載済み。黒字は予定稿です。

水平4カット撮影(GSV方式)のステッチをする (有料)
0.概要と閲覧会員登録(ここだけ読めます)
1*.撮影(ブラケット撮影+オートホワイトバランス)
2*.12カットのステッチから出力まで
3*.露出差と色の違いを補正する
4*.
5*.
6*.
底画像なしで三脚を隠す6つの方法(有料)
0.概要とお支払い(閲覧会員はここだけ読めます)
1.フォトショップで画像を伸ばす
  (GSV方式)
2.フォトショップで底を加工
  (PTGuiでキューブ←→スフェアを変換)
3.フォトショップでミラーボールを作る
  (ワンタッチでできるアクションを使う)
4.PTGuiでロゴ画像を底に配置する
  (フォトショップ不要)
5.krpanoでホットスポットを追加
  (nadir-logo)
6.PTP2proでロゴを入れる
  (nadir patch)