「スピードステッチ」テキスト販売

 三脚消しとマスク操作までの操作が1分でできる!  (※垂直補正や書き出しは含みません。) 「スピードステッチ」テキスト販売開始! 面倒でハードルが高かった三脚消し画像のステッチ作業 操作ステップが多くてややこしい! 手...
もっと詳しく

コントロール ポイント (2)

表示サイズと明るさの変更 コントールポイント画面を拡大して、コントロールポイントを手動で精度よく打つことができます。左の「Fit」に%値を入力すれば、任意に拡大できます。「100%」ボタンはピクセル等倍、「Fit」はウインドウにフィット...
もっと詳しく

コントロール ポイント (1)

コントロールポイントに始まり、コントロールポイントに終わる Control Point (コントロールポイント)は、直訳すると制御点ですが、意味としては特徴点といった方がわかりやすいと思います。つまり、画像のオーバーラップ部で、特徴が似...
もっと詳しく

0.底画像なしで三脚を消す6つの方法

360度VRパノラマ画像の制作では、底にある三脚部分の処理が大きな難関です。 通常は、三脚部分を別に撮影し、これをパノラマ画像にピタリと貼り付けられるように変形して合成します。PTGuiは、この操作を完璧にこなせる仕組み(視点補正/v...
もっと詳しく

プレビュー

プレビューできたりできなかったり・・ Preview (プレビュー)では、作成中のパノラマ画像をグルグル回してプレビューすることができます。と同時に、jpg画像をサクッと書き出してデフォルトの画像ソフトで表示することもできます。 正直、...
もっと詳しく

左サイドメニューの概略

左サイドメニューを一つずつ 次に、左側のサイドメニューを一通り見ておきます。現状は、シンプルモードで動作していますので、ここに出てくるメニューの数が少ないです。いずれアドバンスドモードで、全てのメニューについて詳しく説明しますので、ここ...
もっと詳しく

パノラマエディタを触る(3)

パノラマエディタにあるボタンあれこれ 引き続き、パノラマエディタです。今回紹介するのはボタン。v10からなくなったボタンがあるくらいで、大差はないです。パノラマ作成に使うボタンは限られていますので、全部を覚える必要はありませんが、これも...
もっと詳しく

パノラマエディタを触る(2)

パノラマエディタをいじって覚える 引き続き、パノラマエディタです。今回紹介するのは、ほとんどがv10からあった機能ですが、触ってみないとわからない操作が多いので、意外に知らない人が少なくないかもしれません。このあたりは、使わなければ使わ...
もっと詳しく

(余談)iPhoneパノラマとfacebookの覚書

どうでもよいことが気になってしまって、夜も眠れず。仕事も手につかず。 iPhoneで撮影したパノラマ画像をfacebookに投げ入れるとパノラマ画像として認識され、スマホ本体の動きに合わせて画像を動かすことができます(いわゆるジャ...
もっと詳しく

パノラマエディタを触る(1)

パノラマエディタの右サイドバー PTGuiに画像を読み込み、Alige images を実行する、画像が自動的につながり、その結果がパノラマエディタに表示されます。このパノラマエディタはv10に比べて格段に多機能・高性能になりました。こ...
もっと詳しく

スマホの写真をつなぐ

iPhoneで撮るパノラマ写真 ご承知のとおりiPhoeeではパノラマ写真を撮ることができます。横方向に280度くらい撮れますから実用的には十分です。画素数は、13632×3060ピクセルでした。 でも、速く動かして撮影した部分を拡大...
もっと詳しく

新しいインターフェースを触る

メインウインドウを触る PTGuiのメインウインドウ。基本的な作業は、全てこのウインドウで行います。全体的に濃いグレーにで、写真を扱うにはとてもいい感じだと思います。後で紹介するオプションウインドウで、明るいグレーに変えることもできます...
もっと詳しく

PTGui v11 購入とライセンス

待ちに待った v11 正式版登場 PTGuiは 今年2018年の6月に、新バージョンであるv11の正式版が公開されました。旧v10から、インターフェースがかなり変わったので、ちょっと戸惑いますが、横に並んでいたタブが縦に並んだくらいで、...
もっと詳しく