Pano2VRの気になるところをメモがわりに整理していきます。

1.スキンファイル(.ggsk)の中身を調べる

 スキンのファイルは、拡張子が.ggskで、「ホームフォルダ→アプリケーション・データ→ガーデンノームソフトウェア→スキン」の中に納められています。

 このファイルで、パノラマの見え方、コントローラーなどが設定されているようです。
 拡張子を圧縮形式である.zipに変更して開くと、中身を見ることができます。

Pano2VR
▲conroller_new.ggskの中身。

 主にコントローラーに使う画像と、xmlファイルが入っています。
 ということは、パノラマムービーのファイル構成はだいたい次のように整理できます。

  1. .swfファイル・・・・パノラマ本体(画像などを含むことも、別にすることも可能)
    • パノラマ画像
    • スキン画像
    • xmlファイル
    • 音源
    • ホットスポットの位置の画像
  2. .htmlファイル・・・・・ウェブに表示する
  3. p2p_embed_object.js・・・・・・・・・・・・ジャバスクリプト(これで動かすらしい)

2.デフォルトのスキンの種類

 Pano2VRにもともと入っているスキンは、決して洗練されたデザインとはいいがたいものですが、基本的な要素を網羅しています。つまり、これらの要素を組み合わせ、画像を変えるだけで、オリジナルスキンをわりあい簡単に作れます。
 一通り整理しておきます。

Pano2VR
▲はじめから入っているスキンを一通りみてみきましょう。編集ボタンを押せば、これを元にオリジナルを作成できます。

Pano2VR
▲スキンエディタを使うことで、画像や機能、レイアウトを変更を行うことができます。視覚的にも非常に分かりやすい設計になっています。

●●new
Pano2VR
▲もっともシンプルなスキンです。

●●new_popup
Pano2VR
▲コントローラーにマウスを合わせることでポップアップします。 objecr_new_popupとの違いがよくわかりません。

●●new_radar
Pano2VR
▲どちらを向いているかがわかるレーダーが、画面右上にあります。

●●new_userdata
Pano2VR
▲「i」ボタンを押せば、「作成者情報」に入力した情報が表示されます。

●●slide
Pano2VR
▲コントローラーが左横から出てくるタイプです。

●●default_loading
Pano2VR
▲ダウンロードされたデータ量がわかる「スライダ」が画面左上にあるだけです。他のスキンには、別のスライダが表示されます。

3.



・・・・・今回はここまで。