Object2VRを使って、オブジェクトVRの作り方を整理します。
 これはPano2VRと同じ、Garden Gnome のソフトです。なので、インターフェースも使い方もほとんど共通しています。なので、カンタン。

ptgui
▲Garden Gnomeって、庭の妖精ってな意味のようですね。やっとサイトの変なデザイン(失礼)が分かりました。

1.撮影する

 いや、これが大変なんですよ。
 ターンテーブルのような物に被写体を載せて、一定の角度毎に撮影し、一回転。
 それが終わったら、カメラを多少上にして、一回転。そしたら、もう少しカメラを上にして、一回転・・・・。ぐるぐるぐるぐる。パチパチパチパチ。あーーーーーー。面倒。

 というわけで、ここでは、1回転につき48カット。上方向に6カ所の撮影を行いました。
 全288カット。

ptgui
▲見るだけで面倒な気分。撮影さえできれば、何のことはないのですけれどねー。

2.Object2VRに画像を読み込む

 
 まず、画像を読み込みます。

ptgui
▲Inputの「Light Table」をクリックします。

ptgui
▲Columnsが水平方向の数、Rowsは縦方向の数で、「Update」をクリック。

ptgui
▲「Add Images」でファイルを指定するか、ドラッグ&ドロップで画像を読み込みます。Image Sizeで、表示サイズが変わります。

ptgui
▲「Sorce Images」は、保留箱みたいな感覚で使えます。

3.基本設定を行う

 
 このあたりは、Pano2VRと同じ感覚です。
ptgui
▲ビューイングパラメーターの「Modify」をクリックします。

ptgui
▲スタート位置と、回転方法などを指定します。

ptgui
▲ユーザーデータの「Modify」をクリックして、各項目を入力します。

4.フラッシュの設定を行う

 ここから先も、Pano2VRと同じ要領です。

ptgui
▲フラッシュかQuickTimeで書き出せます。HTML5対応は未だのよう。残念。

ptgui
▲Pano2VRとほとんど一緒。

ptgui
▲HTMLファイルの設定を行います。基本的にデフォルトのまま作成し、後で編集してもよいと思います。

ptgui
▲OKボタンを押すと、すぐに作りますか? と聞かれます。QuickTimeや他のサイズのフラッシュなどを作らないのなら、このままYes。

ptgui
▲作成中です。カット数が多いと時間が掛かります。

5.完成しました

 フラッシュでは、SWFファイルができます。これを動かすJSファイルと、HTMLファイルの3点セットが基本です。

ptgui
▲完成しました。(上の表示と異なる設定になっています。ご容赦。)

ptgui
▲htmlとjsとswfファイルが、画像のフォルダの中にできます。必要なのはこの3つだけ。

ptgui
▲ソフトを閉じようとすると、プロジェクトを作成しますか? と聞いてきます。後でやり直す時などに便利ですから、Saveで作成しておきます。

ptgui
▲.o2vr という拡張子が、プロジェクトになります。これをクリックすると、Object2VRが起動し、今の設定が再現されます。

・・・・・今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。