ぐるぐる「360度パノラマ」

複数のパノラマを組み込んだ施設案内ができます  複数のVRパノラマを一つに組み込むことで、複数の施設や部屋を案内することができます。このような見せ方を「バーチャル・ツアー」と呼んでいます。各VRパノラマは、サムネイルで切り替えたり、画面の中のボタンを使って移動したり、マップに表示されたボタンで移動するなど、さまざまなインターフェースを組み込むことができます。google map などの組み込むも可能です。 サンプル
Read More

楽しい機能「ギミック」

独自の機能を開発できます  パノラマに、画像や動画がポップアップさせたり、画面の一部を動画のように動かしたり、ゲーム的な要素を組み込んで、パノラマ閲覧を楽しめる工夫ができます。 サンプル
Read More

VRグラスで「没入体験」

VRグラスを使って、没入感たっぷりなバーチャルツアーが体験できます VRグラスはアマゾンなどで購入できます。 VRグラスをお持ちでなくても、裸眼立体視ができる人であれば、スマホ画面を平行法で観察すれば感じをつかめます。 顔の動きに合わせて、画面が動きます。(これは画面キャプチャーしたムービーです) 画面中央にある十字と、クルクルアイコンを重ねて少し待てば、次の場所に移動します。 YouTubeはこちらからご覧いだたけます。
Read More

物を回す「オブジェクトVR」

物(オブジェクト)をグルグル回して観察できます  VRパノラマは視点を中心に全方位を見渡しますが、これとは正反対に、対象そのものをグルグル自由に回転して見せる技術を「オブジェクトVR」と呼びます。水平360°を回転するのが基本ですが、上下方向や時間軸で動かすこともできます。 より詳しく
Read More

超解像「360度パノラマ」

遠景や細部を、ストレスなしできめ細かく閲覧できます  ギガピクセル(1ギガ=10億画素)を超える超高解像度で撮影でき、施設内部のようすを細部まで記録できます。部分をどんどん拡大しても、シャープに表示されます。もちろん、待ち時間のストレスも感じません。ぜひ、大画面で閲覧ください。360度全体、もしくは一部分だけの印刷やプリント用の原稿としてもお役立ていただけます。 サンプル
Read More

超解像「平面パノラマ」

風景や物の全体像~細部を超解像度でシームレスに表現できます  VRパノラマは天地を含む360°全方位を表示しますが、天地のない水平方向360°のみのパノラマ(シリンダータイプ)や、通常の広角レンズで撮影したようなパノラマ(フラット)の表現も可能です。拡大・縮小が簡単にできるため、超高解像度できめ細かな表現をしたい場合などに有効です。 --> サンプル
Read More

超解像「マクロ」

小さな物の、さらに小さな部分まで拡大して観察できます  通常の写真レンズで小さな被写体を撮影したり、遠方を高解像度で撮影しようとすると、ピントが合う範囲(被写界深度)が狭くなり、ピンボケになる部分が生じます。特に、遠近差がある被写体の場合は顕著です。このようなケースでは、手前から奥までそれぞれにピントを合わせた写真を撮影し、シャープな部分を合成する方法をとります。この技術は一般に「フォーカス・スタック」とか「焦点合成」などと呼びます。 サンプル
Read More