「Panorama editer」は、写真のつなぎ方のおおまかな調整を行ったり、プレビューとしても使えるダイヤログです。
 「Create Panorama」では、ここに見えているまま出力されます。

 ここではよく使う機能に絞って整理していきますが、「エディター」という名がついている割りには、かなり大雑把な調整しかできません。現実的には、「プレビュー」として使う方がよいのかな、と思います。

1.パノラマエディターの基本

 触っている内にわかる、ということもありますが、最初はかなり戸惑うはずです。少し動かすだけでワケがわからない変化になることがあります。説明を読んで理解してから動かす方が気分的にも楽かでしょう。

editer
▲大まかな機能と操作は上の通りです。

editer
▲画像の上下左右にマウスポインタを置き、カーソルに変わってからドラッグすると、ガイドを使えます。

●●●作業のやり直し方
 パノラマエディター上の操作を元に戻す時は、メイン画面の「Edit→Undo・・・・・・」を使うか、ショートカットキー「Ctrl+Z」を使います。

editer
▲操作のやり直しはメイン画面か「Ctrl+Z」で。

2.「十字」ボタンを使う

 十字ボタンでクリックすると、その位置が画面中心になります。
 画像のつなぎ合わせができた後や、出力する前に、この機能を使って画面の中心を希望の位置にしておきます。
 出力後に画面中心を変えるのはとても面倒な作業になります。

 何枚ものパノラマ画像を使うツアーを作る場合は、「北」を画面中心にする、というルールを決めておくとよいようです。

editer
▲「十字ボタン」で、画面中心にしたい位置をクリック。

editer
▲クリックした位置が画面の中心になりました。

3.「パノラマ編集」ボタンを使う

 パノラマ編集ボタンは、写真同士のつなぎ合わせ方はそのままに、画面全体の位置を調整する機能があります。
 左クリックをしながらドラッグすると、画面中心が盛り上がったり、下がったりするように全体が動きます。
 右クリックをしながらドラングすると、画面の左右が天秤のように動きます。(回転している?・・言葉でいうよりも、実際に動かしてみた方がよくわかるかも。)

editer
▲「左クリック」で動かした時は、画面中心が盛り上がったり、下がったりするように、全体が動きます。

editer
▲「右クリック」で動かした時は、画面の左右が天秤のように動きます。

4.「個別編集」ボタンを使う

 個別編集ボタンは、写真をそれぞれ別個に動かすことができます。
 こんな乱暴な動かし方をするのは、どういう時なのか? ちょっと解せませんが、こんな機能もあるということで・・。

editer
▲個別編集モードでは、元の写真を単独に動かすことができます。

editer
▲だいたいは、目茶苦茶なつながり方になってしまいます。

5.底面編集での使い方の例

 パノラマエディターをプレビューとして使う時に、便利な使い方を一つ。

 底面は、画面の下でとても間延びした画像に変形されて表示されます。このため、マスクを使った作業などは、なかなか直感的にできません。
 こんな時は、十字ボタンや編集ボタンで、画面の中心に底面の画像をもってきます。これで、底面が普通の写真のように見えるようになり、直感的に作業できるようになります。
 マスク作業が終わったら、「Straighten Panorama」ボタンをクリックすると、ワンタッチで元の見え方に戻ります。

editer
▲画面の中心に底面の写真をもってくることで、底面のマスク作業が直感的に作業できます。

editer
▲「Straighten Panorama」で元の表示に。

6.「リトルプラネット」画像を作る

 パノラマのサイトで割合よく目にする「リトルプラネット」。この作例では、「惑星」のようには見えませんが、屋外で、ポールを使った高所パノラマ撮影をした画像では、まさに「小さな惑星」のような画像になります。

 PTGuiの投影方式ボタンの右側の「▼」をクリックすると、「Little Planet・・・・」があり、これを使います。

editer
▲「Little Planet・・・・」を使います。

editer

 望みの形になったら、 「Create Panorama」で画素数などを設定して出力します。 

・・・・・今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。