小さな物の、さらに小さな部分まで拡大して観察できます


 通常の写真レンズで小さな被写体を撮影したり、遠方を高解像度で撮影しようとすると、ピントが合う範囲(被写界深度)が狭くなり、ピンボケになる部分が生じます。特に、遠近差がある被写体の場合は顕著です。このようなケースでは、手前から奥までそれぞれにピントを合わせた写真を撮影し、シャープな部分を合成する方法をとります。この技術は一般に「フォーカス・スタック」とか「焦点合成」などと呼びます。