iPhoneやTHETAなど、パノラマ画像を撮影できるデバイスで撮影した画像、そしてPTGuiなどのステッチソフトでつないだパノラマ画像をfacebookに投稿すると、それがパノラマ画像として認識され、普通の写真とは違ってぐるぐる動かせるようになります。
 ところが、たとえばフォトショップでつないだ横長の画像や、古いステッチソフトでつないだ画像などは、パノラマ画像として認識されず、ただの横長写真として扱われます。
 これを簡単に回避できるソフトをご紹介。windows、mac両方ありますよ。

「Exif Fixer」でござる!

 本家サイトは、こちらから。

 そもそも論的には、 iPhoneやTHETAなど、パノラマ画像を撮影できるデバイスで撮影した画像、そしてPTGuiなどのステッチソフトでつないだパノラマ画像には、「これはパノラマ画像でござる!」という印が付いているのです。この印は、xmpと呼ばれるメタデータで、いわゆるExifとは違って、アドビ社が開発した独自形式です。Exifは、いろいろなフリーソフトで閲覧したり、いたずらに編集することもできますが、このxmpはなかなか手ごわく、ほとんどのExif編集ソフトでは見ることすらできません。

 なわけで、xmpにパノラマの印が付けられるのが、「Exif Fixer」って次第。

こんなソフトです(winの例)

ダウンロードして解凍すると、こんな感じ。よく分からない二つのフォルダがありますが、まあ、見ないフリをしておきます。


実行すると、こんな

パノラマ画像をドラッグするか、左上のボタンから読み込みます。 真ん中の丸いアイコンをクリックしたくなるんですが、ここには機能がありません。

フォトショップで作った2対1比率の画像を読み込んだところ。後は、下の「Add Metadate」ボタンをクリックするだけです。すると、コマンドプロンプト(win)がサクッと動いて、結果が表示されます。

赤で囲んだあたりに、パノラマだぞっ! という印が入りました。

この時点で、画像ファイルはメタデータが上書きされ、元のメタデータのままの画像は、ファイル名の拡張子の後に「_original」という接尾語が付けられて別名保存されています。万が一は、この接尾語を削除すれば、元のファイルに戻せます。



こうしたできた画像をfacebookに投稿すれば、パノラマ画像として認識され、ぐるぐる動かせます! ご活用あれ!