「パノプレート7」 とは?

 MADOKA用のVRパノラマ撮影用治具です。鉄製・黒亜鉛メッキ。仰角は約7度。
 これを使って、仰角7度で120度ずつ回転して撮影した3カットと、下向きにして撮影した1カットで、完全VRパノラマができます。もちろん、水平4カット以上でもOKですよ。

 パノラマ撮影用の「板」なので、「パノプレート7」と名付けました。
 いいでしょう~。なかなか。シンプルで。
 MADOKAは、円周魚眼ですから、カメラを横位置にしてVRパノラマ撮影ができるのです。高価なパノラマ雲台は不要で、雲台やセンターポールの雲台のネジを中心に回転できる三脚なら、そのまま装着して使うことができます。


 

▲パノプレート7 を装着した例。販売するのはプレート部分と1/4インチネジのみですのでご注意ください。



▼こんな風に撮れます。(4カット目はカメラを下向きにして撮影しています。)


▼「秘伝セット」を使ってステッチすれば超簡単。画像をクリックするとパノラマが開きます。




「パノプレート7」 はこんなモノです

 
 厚さ3.2ミリ、幅3センチ、長さ8センチの鉄板(黒亜鉛メッキ)に、1/4インチの三脚ネジ穴を開け、カメラ側はノーダルポイントを調整できるよう長穴を抜いています。鉄製ですから、アルミ材質よりも薄くでき、ネジ山も強いです。
 カメラを取り付けるために、1/4インチネジ(ボルト)を付属しています。ボルトですから、決して使いやすいものではありません。クイックシューを固定するにはよいですが、カメラを直接固定する場合は、カメラ用ネジを別に購入していただいた方がよいです。

 仰角は約7度。これは、三脚消しをすることを前提に、1)天頂部分の画質が失われず、2)三脚近くの床に立体物があってもキレイに仕上げられる、いい感じの設定になっています。

 





▲パノプレート7 は、鉄板と1/4インチネジ(ボルト)のみのセットです。





▲仰角は約7度。三脚消しがキレイにでき、天頂の画質もよい角度に設定しました。





▲三脚部は、1/4インチネジ(いわゆるカメラネジ)を切っていますので、このまま三脚やクイックシュー、ボトムグリップなどにセットできます。

「パノプレート7」 の使い方





▲三脚部分がMADOKAの画角に入らないよう、雲台やセンターポール、ボトムグリップなどにセットします。





▲カメラを取り付ける部分には、お手持ちのゴムやコルク、革などを貼って、カメラの傷防止と固定に役立ててください。クイックシューなら、直接取り付けられます。付属1/4インチネジ(ボルト)は使い勝手がよくありませんので、カメラネジをお買い求めいただいた方がよいです。





▲取り付け完成例。MADOKAの画角に三脚ができるだけ写らないようにセットするのがコツです。





▲仰角は約7度。天頂の画質もよく、三脚消しがキレイにできる角度です。





▲パノプレート7の三脚ネジ穴を中心にして、カメラを回転します。三脚や雲台によっては、ネジ穴が中心にならないことがありますので、注意してください。

 

こんな使い方も





▲パノプレート7 をクイックシューに直接装着した例。クイックシューや三脚が画面に大きく写るので、三脚消しが大変です。回転中心の精度をよくするように注意してセットします。

 

 





▲パノプレート7 にボトムグリップを装着し、クイックシューに取り付けた例。このくらい上にあると、三脚部分がほとんど写らず、三脚消しが容易になります。写真とは異なりますが、
King photo style カメラボトムグリップ PSBG-01-BK ブラック 70032がオススメ。





FEISOL パノラマ雲台 PB-70 Panning Base(この製品は3/8インチネジですのでご注意!)を使った例。回転中心の精度がよいのでオススメ。回転角度の精度はそれほど重要ではありません。非常に楽に撮影でき、ステッチも楽です。





ベルボン プレシジョンレベラー

 買うならこれがオススメと思いましたが、購入者によると回転が重くていま一つとか・・・・。残念。





▲一脚で使用する例。ノーダルポイントの精度は少し悪くなりますが、手軽にスピーディに撮影できるメリットがあります。水準器を併用すると、よい結果になります。

4 ▼手持ち撮影がもっともお手軽。秘伝セットを使えば、ステッチもばっちり! 普通に思う以上の精度に仕上がりましたよ。写真をクリックすると説明ページに移動します。

 

●2015年7月10日追記

ベルボンTHD-23との相性がとてもよいです。

パノプレート


▼セットしたところ。レンズ下部の出っ張りがないので、画面にほとんど写り込みません。

パノプレート


▼レバー一つでチルト操作が可能。垂直にして使うのが基本なので、目盛りやマークを自分で入れておくのがよいかと。

パノプレート

▼三脚消し用の画像は、このようにして撮影できます。簡単!

 

ご購入はコチラから






パノプレート 7
(プレート+1/4インチボルト+「ノーダルポイントの合わせ方・マニュアル」の1セット)


2500円(定形外郵便140円と消費税は別)
「MADOKA_PTGui_ステッチ秘伝セット」は別売です。

こちらでお支払いを確認したら、できるだけ早めにメールでお返事をいたします。





お送りする住所は、お支払い手続きの中でくわしく正確に書いてください。
アルファベットで登録している方は、お店へのメッセージ欄に日本語の氏名・住所を記入していただけると助かります。

お問い合わせメールはコチラをクリック!

 

▼PTGuiでステッチする場合は、こちらの「秘伝セット」を使うと超カンタンです!


madoka_ptgui_ステッチ 秘伝