NEXシリーズといえば、いわずと知れたスイングパノラマですね。
 パノラマはパノラマですから、これをkrpanoで書き出し、部分パノラマを作ってしまおうという魂胆。まあ、専用ソフトもあるので、こんなことをする必要はないといえばないのですが。

1.スイングパノラマを撮る

 今日始めて使う程度ですから、よくはわかっていません。念のため。
 スイングパノラマは、「カメラ」の設定で、縦横、左右など、いろいろな動かし方の設定ができます。縦位置で横振りにすると、天地の画角は大きくなるのですが、なぜか横幅の角度が狭くなります。
 横位置で横振りにすると、縦の画角は少なくなりますが、横方向の角度が広くできますので、なんとなくこちらの方がパノラマっぽい。

 面白いことに、スピードを速くしても撮影できる幅(振り方向)は変わりません。画面の縦横比も変わりません。でも、撮影カット数は変わります。(どういう仕組み?)つまり、ゆっくり動かしてカット数を増やす方が、つなぎ目がキレイになるのか、な? でも動く被写体がある場合は、速いほうがよいですね。

 うむむ。いろいろ使い方のコツがありそうですね。

 厳密にいえばノーダルポイントを正確に出したほうがよいのでしょうが、スイングパノラマは短冊状に画像をつないでいきますから、それほど厳密でなくてもちゃんとつながります。とはいえ、カメラの傾きや動かす時の角度の変化など、結構難しいのですが。


nex
▲左手の親指と中指でレンズのノーダルポイントあたりを上下にはさみ、これを中心にカメラを回転・・・・手が大きい人向き。

nex
▲3ウェイ雲台を使って回転。やっぱり楽。もちろん、パノラマ運台を使うのが一番ですが・・・。

nex
▲撮影できました。カンタ~ン。縦横サイズは、8192×1856ピクセル。ファイルサイズは約4.9MBでした。

2.krpanoで書き出す

 専用ソフトを使うのがカンタンですが、本サイトをお読みの方なら、ぜひkrpanoで。

 マルチ解像度用のドロップレットに、スイングパノラマの画像をそのままドロップするだけ! これまたカンタ~ン。
 と思いきや。画面が止まってしまいますね。
 エクイレクタングラーでないと、いくつかの指定をする必要があります。

nex
▲部分パノラマですか?「y」
パノラマ仕上げのタイプは?「3」・・シリンダー
水平の画角は?「180」
と入力し、それぞれenterキーを押します。

 で、完成しました。
 室内撮影なので感度が高くなり、画質はいま一つですが、天気のよい屋外で撮影したらもっとキレイでしょうね。

nex
▲レンズフレアなどを加えちゃったりして・・・。クリックするとパノラマが開きます。

・・・・・今回はここまで。