「長辺」方向に180°、「短辺」方向に約120°が収まるシグマ8ミリ。
 カメラを少し上向きにして水平方向4カット。さらに底面を1カット。合計5カットだけで、十分余裕のあるパノラマ撮影ができます。

 カット数が少ない、というのは、撮影自体もスピーディですが、画像と画像をつなぐストレスもずいぶん少なくなります。それだけでなく、画角が十分広いために、少々の角度の違いなど気にしなくて「隙間」はできません。慎重さは必要ですが、ラフでもよい、ということで、ニコン10.5ミリの対角線魚眼の水平6カット撮影に比較するなら、驚くほど楽でした。60°ごとの6カットよりも、前後左右の4カットも、感覚的に分かりやすいです。

1.撮影方法のまとめ

 パノラマ雲台R-1についてはこちら。 ポールについてはこちら。を参照してください。
 
 パノラマ雲台R-1は、レンズによって取り付けリングが異なりますのて、シグマ8ミリF3.5用を使用します。これは、ニコン用とは異なり、レンズを先にリングに取り付けてから、カメラボディをセットする手順になります。また、リングにセットすると、フォーカスリングが回転できなくなるので、予めピント位置をしっかり合わせておく必要があります。

 シグマ8+R1
▲R-1に装着する時は、カメラを後からセットします。レンズのピント位置にも注意。

 シグマ8+R1
▲水平4カット(上向き7.5°)、底面1カットを撮影します。底面は、ポールを斜めにして撮影しました。

2.撮影結果

 天頂を写すために、パノラマ雲台はやや上向き(7.5°)にセットしました。これで水平方向を90°ずつ4カット撮影します。そうしたら、一旦カメラを下ろして、雲台のロックを外し、カメラを斜め下向きにして再度ポールを伸ばして、底面を撮影します。今回はぎりぎりセーフでしたが、自分の立ち位置に十分注意しないと、自分の足元を消せなくなります。

シグマ8+R1シグマ8+R1

シグマ8+R1シグマ8+R1

シグマ8+R1
 水平方向は上向き7.5°の4カットです。
底面は、自分が動いてポールを斜めにして撮影しています。

3.合成もいたって簡単

 ノーダルポイントがそれなりに精度よく出ていること(視点が高く、最短にある被写体がそれなりの距離にあるため、ノーダルポイントの精度はそれほど高くしないでもよい結果を得られます)、画質がよいこともあり、PTGuiでの合成はいたって簡単。ソフトまかせで十分よい結果が得られます。

シグマ8+R1
▲PTGuiの操作は基本通りでok。

シグマ8+R1
▲底面画像のみ、マスクとビューポイントの設定を行いました。

4.何の苦労もなく完成!

 最終的に、垂直のコントロールポイントを追加し、底面のマスクの微調整を行っただけで、十分よい結果になりました。フォトショップで明るさなどを微調整して完成。ああ、なんて簡単! 
 何回も練習撮影をすれば、かなりスピーディに撮影できそうです。

シグマ8+R1
▲この写真をクリックすると、パノラマを見られます。

※自分の足のスリッパの先が少し、それと木の枝のステッチミス(PTGuiのマスクか、フォトショップで対処できます)があります。残念&反省! でもこのままにしておきます。他山の石となれ! なんつって。
 
・・・・・今回はここまで。